スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こども向けのマウス

我が家のこどもたちは、2歳6ヶ月ぐらいからMacに触り始めて、操作するようになりました。
操作のほとんどはマウスを使います。
マウスは、こどもにとって唯一使えるデバイスです。それだけに、マウスは大変重要なデバイスとなります。

iMacに附属してくるマウスは、こどもの小さな手には巨大すぎます。Magic Mouseもこどもにとっては大きいと思います。

巨大なマウスでは、こどもはうまく使えません。

まず、握ることが困難です。
やっと握っても、マウスの横方向(短い方)で握ろうとするので、人差し指でのクリックが右クリックになってしまいます。

こどもの小さな手には、こどもにふさわしいマウスを用意してあげる必要があります。

ポイントは3点。
・モバイル用の小さなマウス
・有線マウス
・レーザーマウス

まず1点目のモバイル用の小さなマウスです。

モバイル用は、携帯に便利なように小さく出来ています。これがこどもの小さな手にはフィットします。

モバイル用マウスには、上下に平たいものがありますが、こどもの手で握ることを考えると、ある程度高さがある球形に近い形が良いを思います・

2点目は、有線マウスであること。

こどもは、マウスを机の上のどこまでも動かします。机のはじからその先へ落っことすこともよくあります。
また、マウスをどこかに持っていき、そのまま放置することもあります。
我が家では、行方不明になったマウスがゴミ箱から出てきたことがあります。間違いなくこどもの仕業です。

なので、マウスを壊したり、無くしたりしないよう、マウスをMacから離さないためにあえて有線マウスを選びましょう。

3点目はレーザーマウスです。

レーザーマウスは少し高価ですが、どんな表面の机でも正確にトラッキングできます。
赤外線マウスではマウスパッドが必要になることが多いですが、レーザーマウスならマウスパッドは不要です。

こどものマウス操作はたどたどしく、激しく動かします。
赤外線マウスでは、マウスそもそものトラッキング性能が低いためこどもがなかなか正確に操作できず、苛立ってきます。
かんしゃくをおこして、マウスを落としたり、叩きつけるように操作することがあります。

マウスを壊される前に、レーザーマウスでこどもに快適な操作環境を用意してあげましょう。




この記事を読まれてどこか良い点があったら、下のバナーをクリックお願いします。ブログのランキングです。

スポンサーサイト

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
そこそこ長い期間Macを使っている父親です。
家族でiMacを使うと本当に便利ですよ!
我が家の使い方をつづっていきます。

そこそこMacUser

Author:そこそこMacUser
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。