スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Remote開封の様子

Apple Remoteの開封の様子をお伝えします。

Appleは省エネルギー、エコに熱心です。パッケージも最小にしています。
白いビニールにピッチリと包まれています。

Apple_Remote_1.jpg


ビニールを取ると、本体にピッタリサイズの透明プラケースに入った本体が見えます。

Apple_Remote_2.jpg

Apple_Remote_3.jpg


プラケースの表面がラッピングされているのですが、開け口が分からない
よく見ると、底の部分にしるしがありました。

Apple_Remote_4.jpg


プラケースを開けると、本体と説明書が見えます。

Apple_Remote_7.jpg

Apple_Remote_8.jpg


説明書も本体に合わせて縦長です。
最小サイズのパッケージにするために細部まで徹底しています。

Apple_Remote_9.jpg


裏面は、電池のフタしかありません。

Apple_Remote_10.jpg


電池のフタを開けると、ボタン電池が入っています。Panasonic製でした。

Apple_Remote_11.jpg


裏面の下には、「Designed by Apple in California Made in China」の文字。
デザインはアップル(カリフォルニア)で、作っているのは中国。
どこの国で作っても、デザインはアップルという自信の宣言ですね。

Apple_Remote_12.jpg


電池のフタのアップが下の写真。精巧に加工されており、ムダもバリもまったくありません。

Apple_Remote_13.jpg


たった2,000円足らずの製品ですが、満足感は非常に高いです。

持ったときの表面の手触りがとっても心地いい
表面の非常に細かい梨地加工が手にしっとりとなじみます。
エッジの部分がはっきりしたラインなのに、絶妙に面取りされていて、柔らかい触感なのです。

電池フタにも現れている、その加工精度の高さ。感服します。
ボディのどこにも継ぎ目が見えません。
いったいどこから内部の部品を入れたのか、分かりません。

ボタンはその機能により、一見平坦に見えながら中央がへこんでいる形状になっているものがあり、目で見ないでもボタンを押し間違えることはありません。

こういった、感性に訴えかけ、確実な操作をさせるための意味を持ったデザイン
これがApple製品の最大の良い点だと思います。

まさに、”Designed by Apple”の真骨頂です。

Front Rowを楽しむためにも、ぜひApple Remoteを使ってみてください。

Apple Remote MC377J/AApple Remote MC377J/A
(2009/11/30)
アップル

商品詳細を見る






この記事を読まれてどこか良い点があったら、下のバナーをクリックお願いします。ブログのランキングです。

スポンサーサイト

テーマ : Mac
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
そこそこ長い期間Macを使っている父親です。
家族でiMacを使うと本当に便利ですよ!
我が家の使い方をつづっていきます。

そこそこMacUser

Author:そこそこMacUser
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
amazon
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。